ニキビ跡 潰す

ニキビを潰すと一生の傷に!?ニキビ跡をつくらない様に正しく対処しよう!!

「ニキビは潰してはいけない」と言うけれど、ニキビ跡とどう関係するの?そんな疑問をお持ちではないですか?ニキビを潰してしまうと、一生残る傷跡ができてしまうのです。

 

今回は、ニキビを潰すとニキビ跡ができる理由と、潰してしまった時の対処法をご紹介します。正しく対処し、健やかな肌を保ちましょう!

 

ニキビ跡ができるメカニズムとは?

ニキビができると気になって触ってしまい、潰してしまう事もありますよね。するとニキビに細菌が侵入し、毛穴が炎症を起こしてしまいます。その炎症を起こしたニキビが肌の奥にまで傷を付け、ニキビ跡をつくってしまうのです。

 

ニキビができた場合は細菌の侵入を避けるために、触らない事がベストです。気になっても触らない・潰さない様、気を付けましょう!

 

潰してしまっても悪化しないニキビとは?

「寝ている間に誤って潰してしまった」「洗顔中に爪が当たって潰れてしまった」この様な経験はありませんか?先程はニキビを潰すと悪化し、ニキビ跡をつくってしまうと記載しましたが、全てのニキビがそうとは限りません。

 

白ニキビ・黒ニキビと言われているニキビは、毛穴に皮脂や古い角質が詰まっているだけの状態です。炎症はまだ起こしていませんので、誤って潰してしまっても問題視しなくても良いでしょう。皮膚科でも潰される事が多いのですよ。

 

白ニキビ・黒ニキビを潰す事で、ニキビによる「盛り上がり」が解消できます。すると、炎症を起こすリスクを低下させる事ができます。よって、ニキビ跡をつくりやすい赤ニキビや黄ニキビになるのを防止する事ができます。

 

しかし、医師の判断によって潰す事は構いませんが、自己判断でニキビを潰すのは危険を伴います。誤って潰してしまうのは問題ありませんが、故意に潰す事は避けた方が良いでしょう。

 

誤って潰してしまったら?

ニキビを誤って潰してしまったら、きちんと対処する事が肝心です。その中で最も大切なのは、肌を清潔に保つ事です。ニキビが潰れてしまったら、36度前後のぬるま湯で患部を洗いましょう。

 

石鹸をよく泡立てて洗顔し、しっかり洗い流した後、清潔なタオルで水気を拭き取りましょう。そして、綺麗に洗った後は保湿する事です。大人用のニキビケア化粧品がお勧めですよ。

 

皮膚科で処方された薬があるなら、そちらを使って下さいね。しかし、消毒は行わないで下さい。消毒液は肌に刺激を与えてしまう為、ニキビの対処法としてはふさわしくありません。

 

ニキビを潰してしまった際は、患部を清潔に保ち保湿するだけで十分です。消毒は逆効果ですので注意して下さい。

 

ニキビができたら触らない・刺激しない事が大切です

今回はニキビを潰すとニキビ跡になる理由や、ニキビを潰してしまった際の対処法をご紹介してきましたがご参考になりましたか?ニキビができてしまったら、触らない事・潰さない事が最善です。ニキビ跡にしない為に、気を付けましょうね。

 

又、ニキビを潰してしまった際は患部を清潔にし、保湿を怠らないで下さい。早めに対処する事でニキビ跡になるリスクを軽減できます。正しく対処し、健やかな肌を目指しましょう!