ハンドプレス やり方

正しいハンドプレスで化粧水の効果をアップするには?

基礎化粧品の浸透効果を高めてくれる「ハンドプレス」はスキンケアの基本といってもいいですが正しく行わないと逆に肌に負担を与えたり効果が半減することもあります。そこで正しいハンドプレスの方法をご紹介します!

 

ハンドプレスのメリットは?

ハンドプレスは手のひらを使ってお肌に基礎化粧品を馴染ませることで手のひらの圧力と温かさが加わり浸透しやすくなります。また適度な圧力と温かさが加わることでマッサージ効果や血行促進効果も期待できます。

 

またお肌の弱い方がコットン等を使ってパッティングすると力が強すぎて毛細血管が傷つき、赤ら顔や肌荒れの原因になることもあります。パッティングの後にコットンが毛羽立っていたり顔が赤くなっている場合は注意が必要です。

 

ハンドプレスの場合は、手は顔と同じ皮膚ですから刺激も少なくじんわりと優しく成分を浸透させることができます。

 

正しいハンドプレスのやり方!

それでは正しいハンドプレスのやり方をご紹介します。ただ手で押えるだけではありません。次の手順で正しいハンドプレスをマスターしましょう!

1、手のひらは清潔にする
手のひらは必ず清潔にして下さい。汚れていると汚れや雑菌が肌に付着して肌荒れの原因になったりしてせっかくのスキンケアも台無しです。

 

2、化粧水を手のひらにとって温める
手にひらにとって人肌に温めることで肌への浸透力がアップします。但し、リプロスキンの場合は成分がナノ化されていて、肌への浸透力がとってもいいので必要以上に人肌に温める必要はありません。温めている間に手のひらに成分が浸透してしまうのですぐに顔に塗布して下さい。

 

3、お顔に化粧水を塗布してハンドプレス
お顔全体に化粧水を塗り広げたら手のひら全体で覆って軽くプレスしていきます。小鼻や目の周りなどの細かい部分は指先を使ってプレスします。プレスの時間は10秒程度で大丈夫です。この時強く力を入れないことがポイントです。

ハンドプレスを行う際にはリラックスして行ってください。忙しい時にやるとついつい力が入ってしまいます。正しいハンドプレスを行うとお肌がじんわりと温まって化粧水がぐんぐん浸透する感じが分かるはずです。