ニキビ跡 ケロイド

ニキビ跡がケロイド状に!?改善が難しいニキビ跡はどうやって治すの?

ニキビ跡には赤みタイプ・色素沈着タイプ・クレータータイプ等が代表的ですよね?しかし稀にケロイド状のニキビ跡ができる事もあるのです。そのニキビ跡は火傷の跡に似ており、赤や茶色に盛り上がってしまった状態になるのです。

 

もしあなたにもこのような異常がある場合、それはケロイド状になったニキビ跡なのかもしれません。そこで今回はケロイド状のニキビ跡ができる原因と改善方法をご紹介していきます。1日でも早く綺麗な肌を取り戻す為に、ぜひ最後までご覧下さいね!

 

ケロイド状のニキビ跡の特徴とは!?

 

冒頭でも記載しましたが、ケロイド状のニキビ跡は火傷の跡のように赤や茶色に皮膚が盛り上がります。又、皮膚の盛り上がりがなく平坦な場合もあります。そして薄っすら光沢があり、触ると固いのが特徴的です。

 

見た感じは痒そうなのですが、痒みや痛みはほとんどない場合が多いです。ケロイドは肩・胸元・腕の上・フェイスライン・首周りにできやすいという特徴もあります。これらの部位の毛穴は小さい為毛穴の組織が潰れやすいので、ケロイドになりやすいのですよ。

 

ケロイド状のニキビ跡ができる原因とは!?

 

ニキビ跡がケロイドになる原因は、残念ながらはっきりとは解明されていません。現状では「同じ場所に酷い炎症を伴うニキビができる為」とされています。そのメカニズムをここではご紹介していきますね。

 

炎症の酷いニキビが生じると、それを治そうとして肌はコラーゲンを生成します。しかし症状が悪化するにつれて毛穴の組織は潰れ、コラーゲンを必要以上に作ってしまうのです。この過剰に生成されたコラーゲンが塊になり、ケロイドとして肌に表れるのです。

 

つまりケロイドの正体は過剰に生成されたコラーゲンなのです。これがケロイドのできるメカニズムです。

 

ケロイド状のニキビ跡を改善する方法とは!?

 

ケロイド状になったニキビ跡はクレーター状のニキビ跡と同様で、非常に改善が難しいです。その為、化粧品等によるセルフケアではほとんど改善しません。又、自己判断でケアをしてかえって症状を悪化させる場合もあるのです。

 

よってケロイド状のニキビ跡が生じた際は、皮膚科や美容皮膚科を受診して下さい。ケロイドかどうか見分けが付かない場合でも、皮膚科を受診する事で適切な治療を受けられますよ。きちんとした病院で治療を受け、1日でも早くニキビ跡を改善しましょうね。

 

ではケロイドの治療にはどのような方法があるのでしょうか?下記に記載していきますね。
・飲み薬での治療 ・ステロイドによる治療 ・レーザー治療 ・手術による治療 等

 

このような治療法があります。あなたの症状に合わせて医師が治療法を提案してくれると思います。その際はきちんと指示に従って、治療を進めていきましょうね。

 

ケロイドを予防する方法ってあるの?

 

*ニキビをつくらない*

 

大人ニキビは思春期ニキビとは違い、生活習慣の悪化・食習慣の悪化・ストレス等が関係しています。規則正しい生活・不眠解消・ストレス解消・適度な運動・食事内容の改善等を心掛けましょう。普段の生活を見直す事で、ニキビができにくい肌を作れますよ。

 

*保湿する*

 

大人ニキビは肌の乾燥によって生じる事が多いです。よって化粧水・乳液・美容液・クリーム等で十分保湿する事が大切なのです。乾燥を改善する事でターンオーバーが促され、ニキビ・ニキビ跡予防にも繋がりますよ!

 

ケロイド状のニキビ跡を治し健やかな肌へ!

 

今回はケロイド状のニキビ跡が生じる原因と改善方法をご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?ニキビ跡がケロイドになる原因は、はっきりとは分かっていません。しかしケロイド状のニキビ跡を作らない為には、ニキビそのものを作らない事が大切です。

 

生活習慣や食習慣の改善・ストレス解消・適度な運動等を心掛け、乱れた生活を正していきましょうね。又、保湿する事も忘れないで下さい。「脂性肌だから」「時間がないから」とスキンケアを怠っていると、後悔する事になりますよ。

 

ニキビ・ニキビ跡・ケロイド状のニキビ跡を作らない為にも、きちんと肌を労わりましょうね!