リプロスキン 使い方

効果に差が出る!リプロスキンの正しい使い方

リプロスキンの使い方によって効果に大きな差が出ることがあります。そこでリプロスキンの正しい使い方をご紹介します。購入前にこれを知っておくと効果も出やすくなりますよ。

 

リプロスキンの正しい使い方手順

リプロスキンは必ず下記の手順に従ってご使用ください。

 

使い方手順1

リプロスキンを使用する前には必ず手を清潔にして下さい。汗や汚れで手が不潔だとよくありません。

 

使い方手順2

まずは3~4振りの化粧水を手に取ります。この時の量はご自身で調整して下さい。コツとしては少し多めに塗る方が効果的です。

 

使い方手順3

リプロスキンを手に取ったらあまり時間をおかずにすぐに顔に塗り広げて下さい。一般的には、手で温めると浸透力が高まると言われています。しかしリプロスキンの場合、浸透力が抜群にいいので時間をかけて手で温めているとせっかくのナノ成分が手に染み込んでしまいます。あまり温めすぎずにすぐに顔に付けるようにしましょう。

 

使い方手順4

リプロスキンを顔全体に塗り広げたら、ゆっくりと手のひらを押し当てるようにハンドプレスをします。このとき決して顔をこすらないで下さい。力を入れてこすってしまうとお肌が傷ついてしまいます。

 

使い方手順5

ここまで来たら、もう一度「使い方手順1」に戻って繰り返します。リプロスキンは1回のお手入れで7~10滴がおすすめの量です。でも一度で適量を使うよりも二度に分けて適量を使った方がより効果が高まります。

 

リプロスキンは導入型化粧水といって、堅くゴワついた肌を柔らかくして成分を肌の奥まで浸透しやすくしてくれます。2回に分けてリプロスキンを使うのは、1回目で肌が柔らかくなって成分が浸透しやすい状態になります。その後、2回目でリプロスキンの有効成分が肌の奥までぐんぐん浸透します。

 

使い方手順6

おでこやアゴなど、顔全体にリプロスキンを染み込ませたら最後にうるおいが足りないと感じたら2~3振り手に取って気になる部分に付けるのも効果的です。あと、特にニキビ跡が気になる部分があれば重ねづけするのもいいですよ。

 

使い方手順7

最後に、乳液や保湿クリームでしっかり保湿するようにしましょう。リプロスキンだけだと乾燥してしまってお肌に良くありません。うるおいをしっかり閉じ込めるために保湿は必ず行ってください。

 

いかがでしょうか?リプロスキンの正しい使い方を理解して日々のお手入れを行うことで遠回りすることなく最短でニキビ跡を改善することが出来ます。