リプロスキン 副作用

リプロスキンに副作用あるの?

 

リプロスキンはニキビ跡専用化粧水なので肌に優しい処方になっています。もちろんパラベン、アルコール、鉱物油、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料などは無添加です。

 

また、ノンコメドジェニックテスト済みなので初期ニキビを誘発しにくいはずです。ノンコメドジェニックテストとは、化粧品の原料をチェックして初期ニキビを誘発しにくいかどうかを判定するものです。

 

このようにリプロスキンは原料をはじめ肌への刺激に対してもしっかり配慮されているので基本的には副作用はありません。しかし、ごく一部の方に赤みや痒みなどのアレルギー症状が出る場合があります。今までに化粧品でこのような症状が出た方が特に注意して下さい。

 

既に刺激となる成分が分かっている場合は、事前にリプロスキンの成分をチェックして過去に刺激の原因となった成分が入っていないかを確認することも出来ます。

 

でも、成分が分からない場合やご心配な方は使用前に二の腕の裏側にリプロスキンを少量塗布して様子を見て下さい。何か異常がなければ大丈夫ですが、赤みや痒みなどがあった場合は使用を中止して下さい。

 

いきなり顔に塗って赤みや痒みなどがあったら大変なので簡単なパッチテストを行うと安心ですよ。もし肌に合わない場合は60日間返金保証もあるので必要に応じて利用しましょう。

 

こうしたアレルギー反応は誰にでも起こる可能性はもちろんあります。普段は何ともなくてもたまたま体調が悪い時期だったり、疲れがたまっていて身体の免疫が落ちていた場合などにアレルギー反応が起こることもあります。

 

必要以上に神経質になるのも良くないと思いますが、心当たりのある方は慎重に判断するようにして下さい。