リプロスキン

リプロスキンで効果を実感できるまでの期間

リプロスキンの購入を検討する場合に気になるのがいったいどのくらいでニキビ跡が改善するの?ということだと思います。そこでどれくらいかかるのかまとめてみました。

 

赤みタイプのニキビ跡

赤みタイプのニキビ跡は皮膚に炎症が残っていることが考えられます。ニキビ跡のタイプでは一番軽いタイプとなります。毎日リプロスキンでしっかりお手入れを続けることでニキビ跡は改善しますがおおよそ3~4ヶ月は必要です。

 

色素沈着タイプのニキビ跡

色素沈着タイプのニキビ跡は皮膚の奥にメラニン色素が残っている状態です。この場合、肌のターンオーバーを整えることで肌の奥に残っているメラニン色素を体外に古い角質と一緒に排出する必要があります。

 

肌のターンオーバーは年齢によって大きく乱れている可能性があるので40代以降の方の場合には特に時間がかかってしまいます。改善するまでの期間としては、20代30代の方で3ヶ月~6ヶ月、40代以降になると4ヶ月~8ヶ月ぐらいは必要です。

 

大人ニキビ

大人ニキビは肌の乾燥によって皮脂の過剰分泌が原因となって起こります。皮脂が過剰に分泌することで毛穴が詰まりニキビが発生します。

 

リプロスキンはニキビの炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので炎症ニキビもしっかり抑えてくれます。またヒアルロン酸、コラーゲン、アロエエキスなど、肌の保湿効果も高いので効果的です。大人ニキビの場合には、1~3ヶ月は必要です。

 

凸凹のクレータータイプのニキビ跡

クレータータイプのニキビ跡は症状にもよりますが、基本的には改善が難しいと思います。リプロスキンを使っても多少目立たなくなるかも・・という感じでキレイに改善することは期待しない方がいいと思います。

 

リプロスキンを使った場合のニキビ跡やニキビの改善までの目安をお話ししましたが、個人差があるので何度も言いますが本当に目安です。

 

ニキビ跡は一般的には改善が難しく時間もかかります。しかし何もしなければ良くなるどころかさらに悪化することもあるので何かしらのお手入れは続けた方がいいと思います。

 

リプロスキンはニキビ跡専用の化粧水として開発されています。それだけに効果も高いので試す価値はあると思います。