リプロスキン ノンコメドジェニックテスト済み

ノンコメドジェニックテスト済みって何?

ノンコメドジェニックテストとは?

肌の水分不足やホルモンバランスの乱れなど様々な理由で毛穴が開いてしまうと、開いた毛穴に汚れやその塊が詰まってしまいます。その状態が「コメド」で、細菌感染して炎症が起きるなどの肌トラブルになった状態が「ニキビ」です。

 

ノンコメドジェニックテストは、テスト対象となる製品の使用によってできるコメドの数を計測して、他の製品に比べてできにくいかどうかをテストするものです。このテストをクリアするとニキビになりにくい製品であるという評価が得られます。

 

テストの具体的な方法は、適した人を選んでテスト対象製品を週3回、背中の同じ位置に塗り、4週間繰り返すというものです。ここで適した人とは大きな皮脂腺をもつ毛孔がたくさんある人のことで、塗ったあとは48時間覆う処置をするものとします。

 

4週間ののち対象製品を塗った部分の角層をはがして顕微鏡で観察し、出来ているコメドの数を数えクリアかどうかを評価します。

 

ノンコメドジェニック処方とノンコメドジェニックテスト済みの違いは?

ノンコメドジェニック処方とノンコメドジェニックテスト済みの表現の違いは何だといえるでしょうか。処方とは、多くの場合医師が患者の病状に対して薬の調合などを行うことをさしますが、単純に物事を処理するという意味でも使われる言葉です。

 

ですからノンコメドジェニック処方とはコメドを作りやすい原料を含まないでつくられているというぐらいの意味合いとなるでしょう。具体的にはノンコメドジェニック処方の商品の場合、アクネ菌の繁殖しにくい油性成分でつくられているなどの処理がなされているようです。

 

これに対してノンコメドジェニックテスト済みとは、先の説明のようなテストを実際に行って、その基準をクリアしている商品だということを示しています。ノンコメドジェニックテスト済み製品は現在基礎化粧品だけでなくベースメイクにも増えてきています。害になる油分を避けるという意味でも選ぶことができるかもしれません。

 

ニキビが絶対に出来ない訳ではない

ノンコメドジェニック処方の化粧品にしてもノンコメドジェニックテスト済み化粧品にしても、ニキビが絶対にできないというわけではありません。

 

また、ニキビが治るといったものでもありません。ニキビができにくい原料でできているので、同じような用法の他の製品に比べてできにくいことが予想できる化粧品なのです。

 

さらにノンコメドジェニックテストに関しても、国が承認したものではないので法的な規制はなく、テストをした化粧品製造販売素の責任でノンコメドジェニックテスト済みと表記できることになっているということを知っておきましょう。増えてきたノンコメドジェニックテスト済み化粧品のなかでも信頼できる内容の商品を選びたいものです。