ニキビ跡 原因

ニキビ跡の原因って一体何?ニキビ跡の種類別でご紹介!

「気になるニキビ跡、原因が分かれば改善できるのに・・・」とお悩みのあなた。ニキビ跡が顔に残り続けてしまうと、とても落ち込んでしまいますよね?そこで今回は、ニキビ跡の原因を種類別でご紹介していきます。

 

自分のニキビ跡の原因を知ることがニキビ跡改善に向けての第一歩となります!

 

赤味のあるニキビ跡の原因は?

ニキビは初期段階で治せないと、アクネ菌が繁殖し炎症を起こしてしまいます。この炎症により、毛穴の奥や周りにある皮膚組織が傷付いてしまいます。すると、患部を修復しようと毛細血管が増加します。

 

赤味のあるニキビ跡は、この毛細血管と毛細血管のうっ血により引き起こされてしまうのです。又、炎症が真皮にまで到達すると、血管が損傷し血液が流れ出してしまいます。この血液が肌内部に残り続ける事で、赤・赤紫の色をしたニキビ跡となるのです。

 

赤味のあるニキビ跡は、比較的治りやすいニキビ跡です。保湿成分やビタミンC配合の化粧品でセルフケアしましょう。早めに改善する事で、より治りやすくなりますよ。

 

茶色く色素沈着してしまったニキビ跡の原因は?

茶色く色素沈着してしまったニキビ跡は、メラニンが原因です。ニキビが悪化し炎症を起こすと、ニキビの原因菌であるアクネ菌を殺菌しようと活性酸素が生成されます。しかし、この活性酸素自体も肌を傷付けてしまいます。

 

そこで生成されるのがメラニンです。肌を守る為に生成された、このメラニンこそが色素沈着の原因となってしまうのです。色素沈着タイプのニキビ跡は、美白化粧品を使ってしっかりケアしていきましょうね。

 

凹凸のあるクレーター状のニキビ跡の原因は?

できてしまうと最も治りにくい、クレーター状のニキビ跡。クレーター状のニキビ跡は、肌の奥にある真皮や皮下組織にまで炎症が行き届いてしまった為に起こります。又、健康な肌の部分とニキビができた患部とではターンオーバーの速さが違う事も原因の一つです。

 

クレーター状のニキビ跡は改善が非常に難しく、専門科医に治療してもらうのが改善への近道です。しかし、レーザー治療等は費用がかかりますし、痛みを伴う事もあるので、躊躇ってしまう理由も分かります。

 

そんな場合は、時間と手間がかかってしまいますが、根気よくセルフケアする事でニキビ跡を目立たなくする事は可能です。生活習慣の改善・食生活の改善・紫外線対策をしっかり行い、ターンオーバーを促す化粧品や食品を取り入れてみましょうね。

 

ニキビはつくらない!ニキビ跡はすぐ改善!を目指そう

今回は、ニキビ跡の原因を種類別でご紹介してきましたがご参考になりましたか?ニキビ跡を改善する事も、もちろん大切です。しかし、「ニキビをつくらない肌」に変えていく事も美肌には欠かせません。

 

規則正しい生活・バランスのとれた食生活等、ご自身の毎日の習慣を見直してみましょう。又、ご自身の肌に合った対策を行う事も大切です。乾燥肌の方は保湿して肌のバリア機能を高め、油脂肌の方は保湿とビタミンCの摂取等で皮脂の過剰分泌を抑えましょう。

 

ニキビ跡は早めに改善し、ニキビをつくらない肌を目指しましょうね!