ニキビ跡 治し方 色素沈着

ニキビ跡の治し方!!色素沈着タイプのニキビ跡はどうやって治す?

ニキビは治ったけど、茶色くなったニキビ跡が消えない・・・。そんな悩みのせいで、ストレスを溜め込んでしまっていませんか?「ニキビ跡は改善しにくい」と言われますが、きちんと対処する事で改善が期待できるのです。

 

そこで今回は、色素沈着型のニキビ跡の原因と改善方法をご紹介します。原因をきちんと知り、早めの対策を行いましょう!

 

色素沈着型のニキビ跡ができる原因とは!?

ニキビ跡には「赤みがあるもの」「茶色くなったもの」「デコボコしたもの」の3種類があります。色素沈着タイプのニキビ跡とは、この内の「茶色くなったもの」の事を言います。色素沈着型のニキビ跡ができる原因は「メラニン」です。

 

アクネ菌が増殖したニキビは炎症を起こしている状態です。炎症を起こすと、肌が活性酸素を生成し、アクネ菌を殺菌しようと攻撃を始めます。活性酸素は、外敵から肌を守ろうとする働きがあるのですよ。

 

しかし、活性酸素は自らの肌も傷付けてしまいます。そこで、活性酸素から肌を守ろうと登場するのがメラニンです。このメラニンこそが、色素沈着タイプのニキビ跡をつくってしまうのです。

 

メラニンによる色素沈着を防ぐには?

色素沈着を防止・改善するには、美白とターンオーバーを促進する事が大切です。よって、美白成分配合の化粧品を使用しましょう。そして、ターンオーバーの促進には保湿も欠かせませんよ。

 

又、ビタミンCやビタミンAの摂取もお勧めです。ビタミンCには、美白とターンオーバー促進の両方の効果があります。ビタミンAには、古くなった角質を除去しターンオーバーを早める効果があります。

 

ぜひ、積極的に取り入れてみましょう。最後は、紫外線対策をしっかり行う事です。ニキビの為に炎症を起こし傷付いた肌で紫外線を浴びると、色素沈着は悪化します。

 

外出の際は、日焼け止めクリームやUV対策グッズ等で紫外線をカットしましょう。

 

ニキビは初期段階で改善を!!ニキビ跡には毎日のケアを!!

今回は、色素沈着型のニキビ跡の原因と改善法をご紹介しましたがご参考になりましたか?ニキビは初期段階で治す事で、ニキビ跡になるリスクが低下します。ニキビができた際は、生活習慣を整える・食生活を改善する・睡眠をしっかりとる等の対策を行いましょう。

 

できてしまったニキビ跡には、毎日のケアが必要です。美白・保湿をしっかり行いましょう。又、色素沈着型のニキビ跡に効果的なビタミンの摂取も意識して下さいね。

 

ニキビ跡を改善し、健やかな肌を目指しましょう!